メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニシアターから

「山形」から秀作5本 世界と人の現実を活写 元町映画館 広報/企画担当・宮本裕也さん(28)

「要塞」の一場面=山形国際ドキュメンタリー映画祭提供

 元町映画館9周年の特集として「山形国際ドキュメンタリー映画祭傑作選」を17~23日の1週間、上映します。今年30周年を迎える「山形国際ドキュメンタリー映画祭」のこれまでの上映作品の中から5作品を取り上げます。

 スイス映画「要塞(ようさい)」は、元町映画館プレオープン時にかけた作品で、9年ぶりの再上映。難民を選別するための収容施設に各国から「難民」が申請に来ます。多くが強制送還されるという状況で、「難民」は認めてもらうために平気でうそをつきます。収容所の中では、子供たちがサッカーをしたりトランプをしたり。施設の門限に遅れ、受付の人とやりあう大人もいます。切羽詰まった状態でも、人間の…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

  5. 税金そして国家の「私物化」 桜を見る会何が問題か 前編

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです