メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

9年目の被災地

復興願うハンカチ 「けんか七夕」住民と再会へ 陸前高田 /岩手

けんか七夕に合わせて、黄色いハンカチを新調した菅野啓佑さん=岩手県陸前高田市気仙町で

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた陸前高田市気仙町の今泉地区で7日、山車同士をぶつけ合う伝統の祭り「けんか七夕」が開かれる。菅野啓佑さん(77)は震災直後から「必ず帰ってこよう」という思いで、同地区の自宅跡地に黄色いハンカチを掲げてきた。今年、自宅を再建した菅野さんは、祭りに合わせてハンカチを新調した。地区復興への願いを込め、祭りに集うかつての住民を迎える。【三瓶杜萌】

 けんか七夕は900年以上の歴史があるとされる地元の一大イベントだ。長さ約15メートルの丸太を山車に…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文789文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「車が水没してる」110番 男女3人死亡、80代母と50代子ども2人か 広島

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです