メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東日本大震災

福島第1原発事故 栃木県塩谷町の見形町長、福島に絶えず目を向け 県内5回訪問「風化させない」 /福島

メモを取りながら原発事故被災地からの報告に耳を傾ける栃木県塩谷町の見形和久町長(中央)=福島市内のホテルで

指定廃棄物発言で批判

 福島市内で先月開催された東京電力福島第1原発事故後の県内の状況を伝える「福島を忘れない!全国シンポジウム」の聴衆の中に、事故に伴う指定廃棄物の栃木県の処分場候補地となっている塩谷町の見形和久町長(66)の姿があった。見形町長は2014年、廃棄物の「福島第1原発周辺での集中管理」を提案したことで批判を受けたが、原発被災地に関心を絶やさず、「自分の目で確かめたい」と定期的に足を運び続けている。【高橋隆輔】

 指定廃棄物について国は、福島、栃木など保管する5県の各県内で処分する方針をとる。栃木県では一度決ま…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文756文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです