稲敷広域消防

パラオに救急車贈る 国立病院に配備 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
寄贈した救急車の前で握手する高野貴世志団長(右)とパラオのウィック副保健相=パラオで(日本医療救援機構提供)
寄贈した救急車の前で握手する高野貴世志団長(右)とパラオのウィック副保健相=パラオで(日本医療救援機構提供)

 県南7市町村でつくる稲敷広域消防本部(龍ケ崎市)が、太平洋の島国・パラオに救急車1台を寄贈した。NPO法人「日本医療救援機構」(取手市)が仲立ちして6月に現地で引き渡した。

 寄贈したのは、ストレッチャーの振動を抑える装置を完備し、7人が乗れる高規格の救急車。2005~14年に阿見町消防本部(当時)…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集