メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ヒバクシャ

2019夏・ちば/2 恐ろしい記憶 上野博之さん(80)=浦安市 /千葉

原爆の被害状況などについて講演する上野博之さん=千葉市美浜区で

今も語れない自身の体験

 「被爆体験を話すのは苦手なんです」。広島で被爆した浦安市の上野博之さん(80)はそう話す。当時の記憶はつらく恐ろしく、できることなら記憶の奥底に封じ込めてしまいたい。それでも「千葉の被爆者を取り上げてくれるのは、ありがたい」と、ぽつりぽつりとあの日に起こったことを語り始めた。

 国民学校1年だった上野さんは広島市の自宅から広島県安芸郡中野村(現広島市安芸区中野町)に疎開していた。1945年8月6日朝、爆心地から約11キロ離れた村内の小川で友達と遊んでいた。すると、突然、辺りが白い光に包まれ、青空に大きな雲がわき上がるのが見えた。太陽の光が反射してキラキラ輝くのがきれいで、しばらく見とれるほどだった。だが、雲は広がり続け、やがて辺りは影で覆われた。怖くなって、自宅に駆け込んだ。夕方、朝から広島市内に出かけていた父稔さんを迎えに行くため家族で最寄りの駅まで出かけたが、夜になっても稔さんが帰ってくることはなかった。

 3日後、母都子さんが稔さんの消息を探すため、上野さんら子どもたちを連れて市内に入った。実家や親戚の…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1231文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです