メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

鳥瞰図絵師 青山大介さん(43) 緻密な線に情熱注ぐ

鳥瞰図絵師の青山大介さん=神戸市中央区で、梅田麻衣子撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

 鳥の視線で景色を描く鳥瞰(ちょうかん)図。青山大介さん(43)=神戸市=は、神戸や大阪などの都市を緻密に表現する絵師として知られる。何千枚と写真を撮りながら街を歩き、時にはヘリコプターで上空を飛ぶ。「街は常に変化する。ごまかしのない鳥瞰図は未来の人々へのプレゼント」と0・1ミリのペン先に思いを込める。【前本麻有】

 もともと絵が好きで、市立神戸工業高校のインテリア科に進学。3年時に都市鳥瞰図の第一人者、故石原正さんの「神戸絵図」を知り、衝撃を受けた。緻密かつ正確に描かれた建物や港、道路。本当に鳥が見ているよう。石原さんに憧れを抱いた。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです