メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

鳥瞰図絵師 青山大介さん(43) 緻密な線に情熱注ぐ

鳥瞰図絵師の青山大介さん=神戸市中央区で、梅田麻衣子撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

変化する街を描く鳥瞰図はまるでタイムカプセル。

 鳥の視線で景色を描く鳥瞰(ちょうかん)図。青山大介さん(43)=神戸市=は、神戸や大阪などの都市を緻密に表現する絵師として知られる。何千枚と写真を撮りながら街を歩き、時にはヘリコプターで上空を飛ぶ。「街は常に変化する。ごまかしのない鳥瞰図は未来の人々へのプレゼント」と0・1ミリのペン先に思いを込める。【前本麻有】

 もともと絵が好きで、市立神戸工業高校のインテリア科に進学。3年時に都市鳥瞰図の第一人者、故石原正さ…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです