メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

74年 それぞれの思い /広島

 一瞬の閃光(せんこう)は街を焼き尽くし、74年たった今も、遺骨さえ見つからない被爆者がいる。平和記念公園には今年も多くの人々が訪れ、犠牲者の無念さに思いをはせ、冥福を祈った。

福島県伊達市、中学3年、由上拓弥さん(14)

 東日本大震災で原発事故が起き、原爆や核廃絶を人ごととは思えなくなった。歴史を学ぶにつれ、被爆者の話を直接聴ける時間はあまり残されていないと感じて式典に参列。「体験者から多くを学び、僕らの世代が中心となり、核や核兵器は必要ないと言い続けたい」

この記事は有料記事です。

残り1577文字(全文1808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです