メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

飛翔体、さらなる発射も 米韓演習に反発

 韓国軍合同参謀本部は6日、北朝鮮が同日午前5時24分と同36分ごろ、黄海南道(ファンへナムド)クァイル郡付近から日本海に向けて、飛翔(ひしょう)体2発を発射したと発表した。北朝鮮は7月25日以来2週間足らずで4回も飛翔体を発射。5日から始まった米韓合同軍事演習への反発とみられ、終了までに再び発射がある可能性もあり、日米韓軍事当局が警戒を強めている。

 同本部によると、高度は約37キロ、飛距離は約450キロで、短距離弾道ミサイルと推定している。また、…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです