メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

飛翔体、さらなる発射も 米韓演習に反発

 韓国軍合同参謀本部は6日、北朝鮮が同日午前5時24分と同36分ごろ、黄海南道(ファンへナムド)クァイル郡付近から日本海に向けて、飛翔(ひしょう)体2発を発射したと発表した。北朝鮮は7月25日以来2週間足らずで4回も飛翔体を発射。5日から始まった米韓合同軍事演習への反発とみられ、終了までに再び発射がある可能性もあり、日米韓軍事当局が警戒を強めている。

 同本部によると、高度は約37キロ、飛距離は約450キロで、短距離弾道ミサイルと推定している。また、7月25日に発射されたミサイルと飛行特性が似ていると分析、今回もロシアの短距離弾道ミサイル「イスカンデル」の北朝鮮版の可能性がある。トランプ米大統領は米国に届かない短距離弾道ミサイル発射については問題視しない姿勢だが、発射を繰り返すことで技術が向上する恐れがある。

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです