メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

74回目 核なき世界祈り

平和への祈りを込めて元安川に灯籠を流す人たち=広島市中区で2019年8月6日午後7時38分、猪飼健史撮影

 広島は6日、米軍による原爆投下から74回目の「原爆の日」を迎え、広島市中区の平和記念公園で平和記念式典が開かれた。松井一実市長は平和宣言で、核兵器廃絶への動きの停滞を懸念した上で、立場や主張の違いを乗り越え「寛容」の心を持つよう呼びかけた。日本政府には「被爆者の思い」として国連で2017年に成立した核兵器禁止条約への署名・批准を求めた。一方、安倍晋三首相はあいさつで3年連続で条約に言及しなかった。

 式典には雨の中、被爆者や遺族ら約5万人が集まり、参列者は原爆投下時刻の午前8時15分、1分間の黙と…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです