メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「戦争は偶然を本領とする…

[PR]

 「戦争は偶然を本領とする。およそ人間の行動にして、戦争におけるほど偶然という他所者(よそもの)に活動の自由を許すものはない」。ナポレオン戦争時代のドイツの軍人、クラウゼビッツの名著「戦争論」の一節だ▲多くの偶然や敵の行動で刻々変化する戦場は、指揮官にとって常に不確実性の霧におおわれている。「不確実性」とはリスクの管理や計算すらできないような見通しのきかぬ状態である。彼はこの「戦争の霧」を戦場の本質とみた▲こちらも「戦争」にたとえられる事態なら、不確実性の霧がわき出るのも当然だろう。いや、それどころか指揮官の気まぐれがさらに事態の混迷をもたらしているから始末が悪い。米中貿易戦争の激化による市場の混乱の話である▲トランプ米大統領の対中追加関税の表明に中国が報復措置を打てば、今度は人民元安を容認していると中国を為替操作国にした米国である。貿易戦争は通貨も巻き込み戦火を広げ、世界的景気後退への不安が各国金融市場を直撃した▲米中首脳には先の見通しがあるのかもしれないし、ないかもしれない。どうあれ戦場となるのは両国にとどまらぬ世界の金融経済のネットワークだ。たちこめる不確実性の霧がどんな破局のシナリオを隠しているか、不安はふくらむ▲今の日韓対立でも持ち出される「戦争」のたとえだが、こちらも経済が何より嫌う不確実性の霧が増殖中である。どの指揮官もリスクは計算済みと自信たっぷりだが、人知をあざ笑うのが「戦争の霧」だ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

    2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

    3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

    4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

    5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです