メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

24歳が考える広島原爆 生きた記憶を次世代に=小山美砂(広島支局)

80歳を過ぎて被爆証言を始めた瀬越睦彦さん=広島市中区の平和記念公園で7月2日、小山美砂撮影

 私は24歳。太平洋戦争の終結から半世紀を控えた1994年に大阪で生まれた。2012年に79歳で死去した祖父は「じいちゃんが小学生の時に大阪大空襲があってな、焼夷(しょうい)弾がばーって降る中を布団かぶって逃げ回ったんや」と話してくれた。うん、うん。私はいい子ぶってうなずいていたが、「昔話に付き合ってあげている」と思っていた。

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2055文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです