メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

世界の市場が混乱 責任はトランプ氏にある

[PR]

 世界の金融市場が混乱している。きのうの日経平均株価は一時600円超も急落し、2万円の大台割れ寸前に迫った。米国の株価も今年最大の下げ幅を記録した。

 引き金となったのは、トランプ米大統領による中国への圧力強化だ。

 トランプ氏は先週、新たな対中制裁関税を9月に発動すると表明した。中国からのほぼ全ての輸入品に制裁関税を課す異常事態となる。

 中国が対抗して米農産物の新規購入停止を発表すると、今度は中国を為替操作国に認定した。中国が輸出に有利になるよう、人民元を11年ぶりの安値に誘導したと判断した。制裁も発動でき、対立をより先鋭化させるものだ。制裁効果を薄める人民元安の阻止も目的とみられる。

 米中は6月、貿易戦争の一時休止でいったん合意していた。トランプ氏が強硬姿勢に転じたのは、大統領選へのアピールも狙いだろう。

 深刻なのは、米中対立が貿易だけでなく通貨まで拡大したことだ。

 米中貿易戦争の根底にはハイテクを巡る覇権争いがあり、事態をこじれさせていた。そこに国の主権にかかわる通貨が加わると解決がさらに遠のき、市場の不安を増幅させる。

 市場の混乱は、貿易戦争による景気の悪化に拍車をかける。世界経済が悪循環に陥りかねない。

 とりわけ身勝手な理屈を繰り返してきたトランプ氏の責任は重い。

 対中圧力を強める直前、米国の中央銀行は10年半ぶりの利下げを実施した。トランプ氏が中央銀行の独立性も顧みずに促していたものだ。

 強硬策に出ても、利下げすれば米国経済だけは持ちこたえ、大統領選にも不利にならない。そう判断したのなら大国として極めて無責任だ。

 さらにトランプ氏は以前から「ドル高は米国に不利」と公然と不満を唱え、利下げを求めてきた。ドル安誘導とみられても仕方がない。

 中国の為替相場は当局が管理し、日米のように自由な取引ができない問題があるのは確かだ。大国に見合った改革を進める必要がある。

 だからといって一方的制裁は問題の解決にならない。各国は利害の対立しやすい為替政策を主要20カ国・地域(G20)などで協議し、協調を保ってきた。脅しで譲歩を迫る手法では国際秩序は成り立たない。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです