メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

世界の市場が混乱 責任はトランプ氏にある

[PR]

 世界の金融市場が混乱している。きのうの日経平均株価は一時600円超も急落し、2万円の大台割れ寸前に迫った。米国の株価も今年最大の下げ幅を記録した。

 引き金となったのは、トランプ米大統領による中国への圧力強化だ。

 トランプ氏は先週、新たな対中制裁関税を9月に発動すると表明した。中国からのほぼ全ての輸入品に制裁関税を課す異常事態となる。

 中国が対抗して米農産物の新規購入停止を発表すると、今度は中国を為替操作国に認定した。中国が輸出に有利になるよう、人民元を11年ぶりの安値に誘導したと判断した。制裁も発動でき、対立をより先鋭化させるものだ。制裁効果を薄める人民元安の阻止も目的とみられる。

 米中は6月、貿易戦争の一時休止でいったん合意していた。トランプ氏が強硬姿勢に転じたのは、大統領選へのアピールも狙いだろう。

 深刻なのは、米中対立が貿易だけでなく通貨まで拡大したことだ。

 米中貿易戦争の根底にはハイテクを巡る覇権争いがあり、事態をこじれさせていた。そこに国の主権にかかわる通貨が加わると解決がさらに遠のき、市場の不安を増幅させる。

 市場の混乱は、貿易戦争による景気の悪化に拍車をかける。世界経済が悪循環に陥りかねない。

 とりわけ身勝手な理屈を繰り返してきたトランプ氏の責任は重い。

 対中圧力を強める直前、米国の中央銀行は10年半ぶりの利下げを実施した。トランプ氏が中央銀行の独立性も顧みずに促していたものだ。

 強硬策に出ても、利下げすれば米国経済だけは持ちこたえ、大統領選にも不利にならない。そう判断したのなら大国として極めて無責任だ。

 さらにトランプ氏は以前から「ドル高は米国に不利」と公然と不満を唱え、利下げを求めてきた。ドル安誘導とみられても仕方がない。

 中国の為替相場は当局が管理し、日米のように自由な取引ができない問題があるのは確かだ。大国に見合った改革を進める必要がある。

 だからといって一方的制裁は問題の解決にならない。各国は利害の対立しやすい為替政策を主要20カ国・地域(G20)などで協議し、協調を保ってきた。脅しで譲歩を迫る手法では国際秩序は成り立たない。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して毎日新聞社は一切の責任を負いません。また、投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです