メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

マドゥロ政権資産凍結へ ベネズエラ制裁強化

 トランプ米大統領は5日、南米ベネズエラのマドゥロ政権の米国内にある全資産を凍結する大統領令を出した。一部を除き、米企業や米国人にマドゥロ政権関係者との経済活動も禁止した。独裁色を強めるマドゥロ大統領退陣を狙う制裁強化の一環で、政権からの反発は必至だ。

 ロイター通信によると、事実上ベネズエラからの原油の輸入を禁止した制裁を上回り、「これまでで最も厳しい措置」としている。

 トランプ氏は「マドゥロ氏が(大統領職という)権力の強奪を続け、非合法な拘束や表現の自由への干渉をしている」と非難した。大統領令では、マドゥロ政権支持者の米国入国も禁じた。経済活動禁止の対象は米国企業だけでなく、外国企業にも及ぶ可能性がある。ただ、ベネズエラ市民への影響が大きい食品や医薬品、衣料品の取引は例外的に認めている。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです