米国

マドゥロ政権資産凍結へ ベネズエラ制裁強化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トランプ米大統領は5日、南米ベネズエラのマドゥロ政権の米国内にある全資産を凍結する大統領令を出した。一部を除き、米企業や米国人にマドゥロ政権関係者との経済活動も禁止した。独裁色を強めるマドゥロ大統領退陣を狙う制裁強化の一環で、政権からの反発は必至だ。

 ロイター通信によると、事実上ベネズエラからの原油の輸入を禁止した制裁を上回り、「これまでで最も厳しい措置」としている。

 トランプ氏は「マドゥロ氏が(大統領職という)権力の強奪を続け、非合法な拘束や表現の自由への干渉をしている」と非難した。大統領令では、マドゥロ政権支持者の米国入国も禁じた。経済活動禁止の対象は米国企業だけでなく、外国企業にも及ぶ可能性がある。ただ、ベネズエラ市民への影響が大きい食品や医薬品、衣料品の取引は例外的に認めている。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文590文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集