メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

難問の解き方 カイロ支局・篠田航一

 イランの首都テヘランの公園。1人の老人がベンチに座って、数学の問題集を解いていた。なぜここで数学を?

 「週に1回、近所の高校生に教えているんだ。数学は全ての学問の基本。論理を学ばないとロクな大人になれないからね」

 アリ・ラストグさん(69)。かつて航空機の整備士をしていた。解けない難問にぶつかると、よく公園を散歩する。すると「解」が突然ひらめくという。職業柄、機械や数字に強く、自身の子供4人にも数学を教えてきた。

 イランは今でこそ米国と激しく対立するが、1979年のイスラム革命前の王政時代は、中東屈指の親米国。…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文523文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです