メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

難問の解き方 カイロ支局・篠田航一

 イランの首都テヘランの公園。1人の老人がベンチに座って、数学の問題集を解いていた。なぜここで数学を?

 「週に1回、近所の高校生に教えているんだ。数学は全ての学問の基本。論理を学ばないとロクな大人になれないからね」

 アリ・ラストグさん(69)。かつて航空機の整備士をしていた。解けない難問にぶつかると、よく公園を散歩する。すると「解」が突然ひらめくという。職業柄、機械や数字に強く、自身の子供4人にも数学を教えてきた。

 イランは今でこそ米国と激しく対立するが、1979年のイスラム革命前の王政時代は、中東屈指の親米国。「当時は飛行場にも米国人がいて、よく一緒に仕事をしたものだ。皆いいやつだった。元気かな。世の中、そんなに悪いやつなんていないものだよ」

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです