メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

学校給食にみる日韓の違い=農業ジャーナリスト・青山浩子

 韓国では、有機または無農薬栽培による「親環境農産物」が学校給食で積極的に使われている。韓国政府の発表では、給食用食材の約6割が親環境農産物だという。

 増え続ける安価な輸入農産物との差別化を図ろうと、同政府は1997年に親環境農業育成法を制定した。実践する農家に直接支払いを行い、一定の面積を持つ小売店に専用の売り場を設置させるなど、政府主導で生産振興を図ったが、2012年をピークに供給が需要を上回り、だぶつくようになった。しかし、学校給食向けに親環境農産物を使う自治体が増え、需要低迷に風穴を開けた。割高な親環境農産物の使用比率が増えれば、保護者の負担額が増えるが、給…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです