メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

学校給食にみる日韓の違い=農業ジャーナリスト・青山浩子

 韓国では、有機または無農薬栽培による「親環境農産物」が学校給食で積極的に使われている。韓国政府の発表では、給食用食材の約6割が親環境農産物だという。

 増え続ける安価な輸入農産物との差別化を図ろうと、同政府は1997年に親環境農業育成法を制定した。実践する農家に直接支払いを行い、一定の面積を持つ小売店に専用の売り場を設置させるなど、政府主導で生産振興を図ったが、2012年をピークに供給が需要を上回り、だぶつくようになった。しかし、学校給食向けに親環境農産物を使う自治体が増え、需要低迷に風穴を開けた。割高な親環境農産物の使用比率が増えれば、保護者の負担額が増えるが、給…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです