メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

「核軍縮後退」に危機感 被爆地から「禁止条約」署名要求 国際世論にアピール

C1・核軍縮を巡る国際社会.eps

 広島市の松井一実市長は6日の平和宣言で、核兵器禁止条約に署名・批准するよう、日本政府や国際社会に初めて要請した。被爆者は、米露などによる新たな軍拡競争に危機感を抱いており、被爆地として「核なき世界」への強いメッセージを出す必要があると判断した模様だ。日本政府は核拡散防止条約(NPT)に基づく段階的な核軍縮を目指す。だが、核保有国と非核保有国の対立でNPT体制は揺らぎ、日本は難しいかじ取りを迫られている。【矢追健介、小山由宇】

 「核禁条約への署名・批准を求める被爆者の思いをしっかりと受け止めてほしい」。松井市長は平和宣言で強…

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文2002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです