メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

ゲノム編集、法議論開始 ヒト受精卵、どこまで

ヒト受精卵のゲノム編集を巡る厚生労働省専門委員会の初会合に出席した委員ら=東京都港区で2日、内藤絵美撮影

 ゲノム(全遺伝情報)編集技術で遺伝子改変したヒト受精卵を使って赤ちゃんを誕生させることを防ぐため、法規制に向けた議論が厚生労働省の専門委員会で始まった。ヒト受精卵のゲノム編集は、国際的にも議論が不十分なまま現実が先行してきた。2日の専門委員会の初会合では安全性や倫理面を懸念する意見が相次ぎ、課題は山積している。【柳楽未来、須田桃子】

この記事は有料記事です。

残り2063文字(全文2231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです