メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

ゲノム編集、法議論開始 ヒト受精卵、どこまで

ヒト受精卵のゲノム編集を巡る厚生労働省専門委員会の初会合に出席した委員ら=東京都港区で2日、内藤絵美撮影

 ゲノム(全遺伝情報)編集技術で遺伝子改変したヒト受精卵を使って赤ちゃんを誕生させることを防ぐため、法規制に向けた議論が厚生労働省の専門委員会で始まった。ヒト受精卵のゲノム編集は、国際的にも議論が不十分なまま現実が先行してきた。2日の専門委員会の初会合では安全性や倫理面を懸念する意見が相次ぎ、課題は山積している。【柳楽未来、須田桃子】

この記事は有料記事です。

残り2063文字(全文2231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです