メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
きょうのセカンドオピニオン

手根管症候群、手術必要?=答える人・平沢元浩医師(東京女子医大東医療センター・脳神経外科)

平沢元浩医師 東京女子医大東医療センター(脳神経外科)

 Q 手根管症候群手術必要?

 指先がしびれて食事や着替えがうまくできません。手根管(しゅこんかん)症候群と診断され、手術を勧められましたが、しないで良くなる方法はないでしょうか。(大阪府、女性、90歳)

 A 小さな切開、術後は動作も楽に

 手根管症候群は、手首を通る正中神経が圧迫されて手にしびれや痛みが起こる病気です。正中神経は手のひら側の親指から薬指の半分までの感覚をつかさどっており、小指と手の甲側に症状は出ません。進行すると親指の付け根の筋肉が衰え、親指と人さし指でうまく物をつかめなくなります。夜間に症状が強まり睡眠が阻害されることも特徴で、腕や肩にも痛みが広がることがあります。

 正中神経の外側にある靱帯(じんたい)が年齢とともに分厚くなり、神経を圧迫することが主な原因です。中…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文836文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです