メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
みんなのごみ

プラスチック編/3 企業イメージ、削減の壁に 容器・包装、デザインで差別化 代替難しく

各国の使い捨てプラスチック容器包装廃棄量

 <くらしナビ・環境>

 使い捨てプラスチックの容器・包装で、日本は国民1人当たりの廃棄量が世界2位という大量消費国だ。政府は2030年までに使い捨てプラの排出量を25%削減する目標を掲げ、企業も削減の取り組みを進めているが、ハードルは高い。

 ●廃棄量の8割占め

 主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が日本で初開催された6月、国内のコンビニや食品メーカーなどが相次いで、「レジ袋の利用をやめます」といったプラスチック削減の発表をした。G20サミットの主要テーマの一つは海洋プラごみだった。

 日本全国のプラごみ量は年間約900万トン。このうち企業などが出す産業廃棄物扱いのものは約700万ト…

この記事は有料記事です。

残り1648文字(全文1947文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです