メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
性と感染症

/3 クラミジア、不妊の恐れ

性器クラミジア感染症の年齢別報告数

 <くらしナビ 医療・健康>

 性感染症の中で最も患者が多いのが「性器クラミジア感染症」だ。若い世代に特に多い性器クラミジア感染症は症状が出ないことが多く、感染に気づかないまま悪化すると、男女ともに不妊につながる恐れがある。「性と感染症」の3回目は最も身近な性器クラミジア感染症について取り上げる。

 ●多くが症状なし

 東京・新宿駅近くのビルに構える性感染症専門の「プライベートケアクリニック東京」。7月上旬、20代の…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1333文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです