メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『Precious』 高橋木綿子・編集長

「雑誌づくりはチームワーク」と話す高橋木綿子編集長=東京都千代田区で、木村滋撮影

 (小学館・毎月7日発行、9月号1080円)

 真に成熟した女性のあり方はエレガンスであること--。この春、創刊15周年を迎えた月刊誌「Precious(プレシャス)」の理念だ。「仕事や育児、日々の暮らしを含めて自分を見失わずに生きる。そんな女性たちを応援する雑誌を目指していく」と高橋木綿子編集長は話す。【明珍美紀】

 プレシャスが創刊された15年前と今では、ファッションをはじめ働く女性を取り巻く環境は変わってきた。昇進や給与の男女の格差は完全には是正されていないが、「従来よりも女性の意見が重視される職場が増えてきたのではないでしょうか」と高橋さんは言う。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです