メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください
奇跡の傍らで

増える帝王切開 「ワープ航法」今も難手術=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

帝王切開には多量出血や感染などさまざまなリスクがある マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 100万人を割り込んで減少傾向にある日本の分娩(ぶんべん)(出産)数ですが、帝王切開で生まれる子どもの数はむしろ増加しています。今や全国で生まれる新生児のうち、ざっと4人に1人が帝王切開です。海外では帝王切開率が分娩の半数に達しつつある国もあり、今や「下から産みますか(経膣(けいちつ)分娩)、上から産みますか(帝王切開)」という時代になってきた感があります。

 皆さんは帝王切開という奇妙な名前の手術についてどこまでご存じでしょうか。「帝王切開」という名称から…

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1335文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです