メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

中日6-0巨人 巨人6連敗、崖っぷち

 中日は福田が4安打4打点の活躍。二回に先制の10号ソロ、四回に適時二塁打、六回にソロ、八回も適時打を放った。大野雄が7回無失点で7勝目。巨人は昨年7月以来の6連敗。七回まで毎回の走者を出しながら3併殺の拙攻だった。

 またも打線が振るわず、巨人は6連敗となった。打順を入れ替え、出場選手登録したばかりの陽岱鋼を1番に、ビヤヌエバを7番で起用して計7安打を放ったが、つながりを欠いた。

 今季3度目の零敗を喫し、原監督は「スコアリングポジションで一本がなかなか出ないというところでしょう」と悩ましげだった。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです