メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第64回全国高校軟式野球

地方大会 代表16校出そろう

 第64回全国高校軟式野球選手権大会(日本高校野球連盟主催、毎日新聞社、朝日新聞社など後援)は6日、南関東と近畿で決勝があり、代表16校が出そろった。

 中京学院大中京(東海・岐阜)は3年連続23回目の出場で、1959~61年の平安(現龍谷大平安、京都)以来史上2度目の3連覇がかかる。高崎商(北関東・群馬)は今大会代表校中最長ブランクとなる36年ぶり出場で、神戸村野工(兵庫)は7年ぶりに復活した。松商学園(北信越・長野)は6年ぶり29回目の出場で、今大会代表校中最多出場。初出場はあべの翔学(大阪)の1校で、前回から1校減った。

 組み合わせは12日に決定。大会は24日に兵庫県明石市の明石トーカロ球場と同県姫路市のウインク球場で…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです