メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

のん

ヒロイン映画「星屑の町」 “レトロ可愛い”ティザービジュアル公開 場面カットも

映画「星屑の町」のティザービジュアル(C)2020映画「星屑の町」製作委員会

[PR]

 女優ののんさんがヒロインを演じる映画「星屑の町」(杉山泰一監督、2020年春公開)のティザービジュアルが8月7日、公開された。ビジュアルは、昭和歌謡の名曲に乗せて“笑ってホロリとして帰り道には歌を口ずさんでしまう”大人のための音楽娯楽映画である同作にちなんで、往年の米国のミュージカル映画「雨に唄えば」(1952年)や「若草の頃」(1944年)をイメージした“レトロ可愛い”イラストをあしらっている。

 ティザービジュアルは、「仮面ライダー」「ウルトラマン」などの作品を手がけるイラストレーターの菅原芳人さんによる描き下ろし。ヒロインの久間部愛(のんさん)を中心に、ベテラン女性歌手のキティ岩城(戸田恵子さん)、ムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」のメンバー(大平サブローさん、ラサール石井さん、小宮孝泰さん、渡辺哲さん、でんでんさん、有薗芳記さん)が描かれている。

 また同時に場面写真も公開された。のんさん演じる愛が1940~50年代の米国車のボンネットに座り、周囲をハローナイツのメンバーが取り囲んでいるカットと、ハローナイツがステージで歌っているカットの2枚。

 映画は、売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」は、ベテラン女性歌手・キティ岩城と一緒にこれといったヒット曲もないまま、細々と地方回りを続けていた。田舎の青年団の誘いに乗ったメンバーは、元大手レコード会社の社員だったリーダー、山田修の生まれ故郷にやってくる。ヒロインの久間部愛は、スナックを経営する母を手伝いながら、歌手になることを夢見ている田舎娘。「ハローナイツに入れてほしい」と直訴する愛に、メンバーの市村は適当な返事をしてしまう。その気になった愛は、小学校のステージに駆けつけ、会場は大騒動に発展する……というストーリー。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです