メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米防衛相会談 有志連合は慎重に検討、岩屋氏が伝える

岩屋毅防衛相=首相官邸で、川田雅浩撮影

 岩屋毅防衛相は7日、来日しているエスパー米国防長官と防衛省で会談した。エスパー氏は米国が主導する中東ホルムズ海峡などでの民間船舶の航行の安全確保に向けた有志連合構想について説明し、日本の協力を要請した。岩屋氏は「政府全体で総合的に判断していきたい」と述べ、慎重に検討する方針を伝えた。

 日米防衛相会談は、エスパー氏が7月に国防長官に就任してから初めて。会談は約1時間10分に及んだ。政府関係者によると、有志連合構想を巡ってエスパー氏は「航行の安全に協力してほしい」と話したという。岩屋氏は「原油の安定供給の確保、同盟国の米国との関係、イランとのこれまでの友好関係といったさまざまな角度から検討する」と述べた。

 エスパー氏は会談の冒頭、国際法の順守や航行の自由などの面で「中国が逆行する行動をしている」と指摘。…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです