メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経団連と関経連の意見割れる 社外取締役など企業統治巡り

関経連と経団連の見解

 金融庁や東京証券取引所が定めた上場企業の企業統治の行動指針(コーポレートガバナンス・コード)について、関西経済連合会が異論を唱え、行動指針を評価している経団連との意見の相違が浮き彫りになっている。3月期決算企業の第1四半期(4~6月期)決算発表が本格化しているが、企業に四半期決算開示を求める制度を巡っても意見に隔たりがある。関経連は意見を政策運営に反映してもらうことを目指し、提言活動を強化する。

 企業統治の行動指針は、2015年6月に上場企業を対象に導入された。株主や社外取締役など外部の目を活…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1145文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「車が水没してる」110番 男女3人死亡、80代母と50代子ども2人か 広島

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです