メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追加緩和の必要性、複数が指摘 日銀政策決定会合・主な意見

金融政策決定会合後の記者会見で質問に答える黒田東彦日銀総裁=東京都中央区で2019年7月30日午後3時50分、尾籠章裕撮影

 日銀は7日、7月29~30日に開いた金融政策決定会合の「主な意見」を公表した。米中貿易戦争の先行き懸念などで欧米の中央銀行が金融緩和に傾く中、政策委員からは「予防的金融緩和論を検討する必要がある」など、経済の落ち込みを防ぐための追加緩和の必要性を説く声が複数あった。

 ある委員は「米中貿易摩擦の影響を受けやすい日本こそ、経済・物価の下振れリスクに対する予防的緩和論を検討する必要がある」と指摘した上で、「市場の急変など…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです