メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核兵器禁止条約 今年中の発効見通せず INF全廃条約失効で核軍縮後退

核政策を巡る世界の主な動き

 核兵器禁止条約の発効には50カ国・地域が批准をする必要があるが、6日現在、署名が70、批准は25にとどまり、当初の目標だった今年中の発効は難しい情勢だ。「核保有国の米国やフランスなどが署名や批准をしないよう加盟国にかなりのプレッシャーをかけている」(国連関係者)ためで、中距離核戦力(INF)全廃条約の失効など米露の核軍縮の後退も影を落とす。

 国連によると、2017年7月7日の採択から1年目に署名したのは59カ国・地域、批准したのは11。2…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文728文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです