メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決

全容みえぬ有志連合 ホルムズ海峡 日本様子見続ける

イラン情勢と米国の有志連合構想の経緯

 中東ホルムズ海峡などの航行安全を確保する米国の有志連合構想を巡り、エスパー米国防長官から協力要請を受けた岩屋毅防衛相は7日、改めて慎重に検討する考えを示した。構想の全容がなお見えない中、他国の参加状況などを見極める方針だ。

 「米国はもう『有志連合』という言葉は使っていない」。自民党本部で5日に開かれた外交部会などの合同会議で外務省幹部はこう述べた。

 米国のダンフォード統合参謀本部議長が、有志連合を検討していると明かしたのは7月9日。だが、その後は「有志連合」との表現は影を潜める。米国が3回開いた説明会は、いずれも「海洋安全保障イニシアチブ(構想)」と変わった。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです