メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・赤村130周年祝う 平成筑豊鉄道 マスコット「源じいさん」のラッピング列車

福岡県赤村130周年記念ラッピング列車。正面や側面に描かれたキャラクターが源じいさん=福岡県福智町で、峰下喜之撮影

 福岡県などの第三セクター、平成筑豊鉄道(本社・福智町)が赤村の村制施行130周年を祝うラッピング列車を運行している。昨年夏にレールが被災した西日本豪雨からの復旧支援を兼ねて沿線の赤村が約200万円の制作広告契約を結んでおり、車体に村の公式マスコットキャラクター「源じいさん」があしらわれている。

 1両編成で、両サイドの赤、青地に大きく…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです