連載

保護猫たちのニャン生

「かわいくないからいらない」と人間の勝手な都合で捨てられた猫や、両目がない状態で保護された子猫--。苦境を乗り越え、猫カフェで楽しく暮らす猫たちの素顔を紹介する。

連載一覧

保護猫たちのニャン生

(4)しろくま 強がりの甘えん坊

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 横浜・関内にある保護猫カフェ「ミーシス」は、さまざまな事情で飼い主のもとを離れた猫や、路上で生きてきた猫たち27匹が暮らす。雨どいに挟まっていたところを助けられた猫、売れ残ってペットショップで放置されていた猫――。今は猫カフェで楽しく暮らす猫たちの素顔を紹介する。【中嶋真希】

しろくま 3カ月 里親募集中

 夏が近づくと、ミーシスにはたくさんの子猫がやってくる。春に生まれて、親とはぐれた子猫たちが保護されるからだ。不幸な猫が増えないようにと活動しているボランティアが6月、多くの猫が捨てられる湾岸地帯で1匹の子猫を見つけた。保護されてミーシスにやってきて、ついた名前が「しろくま」。ミーシスでは、「里親さんに好きな名前をつけてほしいから、店での名前は適当につける」と決めていて、子猫たちには順番にアイスク…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文725文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集