メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフリカ諸国への「ごみ管理支援」呼びかけへ 日本、TICAD7で表明へ

分別されずに大量のごみが山積みされたモザンビーク・マプトのフレネ廃棄物処分場=環境省提供

 ごみが山積みされるなど処理施設の整備が遅れるアフリカ諸国に対し、日本政府は、廃棄物処理の管理や人材育成に向けた支援を始める。ごみの山が崩落して多数の犠牲者が出たモザンビークの処分場改修に年内にも着手し、モデル事業と位置付ける方針。

 高い廃棄物処理技術を持つ日本らしい取り組みとして、28日に横浜市で開幕する第7回アフリカ開発会議(TICAD7)で各国への支援を表明する。各国が費用を抑えつつ、短期間で取り組める内容を提示するという。

 昨年2月、モザンビークの首都マプトにあるフレネ廃棄物処分場で、高さ数十メートルまで積み上げられたご…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです