メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大銀河の祖先?39個 110億年以上前の宇宙に アルマ望遠鏡で東大チーム

アルマ望遠鏡が捉えた110億年以上前の巨大銀河の一部=東京大など提供

 110億年以上前の宇宙で活発に星をつくっていた大きな銀河を39個発見したと、東京大などの研究チームが発表した。初期宇宙では多数の大きな銀河は見つかっておらず、南米チリのアルマ望遠鏡を使って初めて捉えた。現在の巨大な楕円(だえん)銀河の祖先に当たるとみられる。英科学誌ネイチャー(電子版)に論文が掲載された。

 巨大な楕円銀河は、世界で初めて影の撮影に成功したブラックホールがある「M87」などが知られ、太陽1兆個分より大きい質量を持つ。しかし従来の観測では、過去の宇宙にそれと対応する成長前の大きな銀河がほとんど見つかっておらず、謎が残っていた。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです