メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

がん3年生存率72% 初公表の胆のうがんは33% 国立がん研

2012年にがんと診断された人の部位・ステージ別3年生存率

 国立がん研究センターは8日、2012年にがんと診断された人の3年後の生存率を発表した。日本人がなりやすい大腸や肺、胃などがん全体で72.1%で、前年より0.8ポイント上がった。がんの種類別では、初めての公表となった難治性の胆のうがんが33.4%と低かった。

 全国のがん診療連携拠点病院など約300施設でがん登録した患者全体のデータを集計し分析した。また、昨年公表した大腸や肺、胃、乳房(女性)など11種類のがんのほか、喉頭や胆のう、腎、腎盂(じんう)尿管の4種類のがんも、進行度を示すステージ別に、がん以外の病気や事故で死亡する割合を除いた3年生存率を初めて算出した。

 4種類のがんのうち、喉頭は84.4%、腎も85.6%と比較的高かった。腎盂尿管は55.6%。ステー…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1084文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです