メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん3年生存率72% 初公表の胆のうがんは33% 国立がん研

2012年にがんと診断された人の部位・ステージ別3年生存率

 国立がん研究センターは8日、2012年にがんと診断された人の3年後の生存率を発表した。日本人がなりやすい大腸や肺、胃などがん全体で72.1%で、前年より0.8ポイント上がった。がんの種類別では、初めての公表となった難治性の胆のうがんが33.4%と低かった。

 全国のがん診療連携拠点病院など約300施設でがん登録した患者全体のデータを集計し分析した。また、昨年公表した大腸や肺、胃、乳房(女性)など11種類のがんのほか、喉頭や胆のう、腎、腎盂(じんう)尿管の4種類のがんも、進行度を示すステージ別に、がん以外の病気や事故で死亡する割合を除いた3年生存率を初めて算出した。

 4種類のがんのうち、喉頭は84.4%、腎も85.6%と比較的高かった。腎盂尿管は55.6%。ステー…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです