メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

除草剤でイトトンボ減少 直接毒性なくても影響 近大チーム

ホソミオツネントンボ=近畿大大学院生の江口優志さん提供

 昆虫に毒性がない除草剤でも、水田で繁殖するイトトンボ類に間接的に影響し生息数を減らすことが分かったと、近畿大などのチームが米専門誌で発表した。水田で使う殺虫剤が目的外の昆虫も減らすことは明らかになっていたが、除草剤の影響はこれまで不明だった。チームは「除草剤などの農薬が及ぼす生き物へのリスクを予測できる成果だ」と強調する。

 チームは除草剤の影響を調べるため、水槽(幅2.8メートル、奥行き1.2メートル、高さ40センチ)に…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです