メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災で倒壊の諏訪神社再建へ 力自慢の力士も協力 福島・双葉

邪気をはらうとされる四股を踏む力士ら=双葉町両竹の諏訪神社で2019年8月7日午後2時、高橋隆輔撮影

 福島県双葉町の高台にあり、東日本大震災の津波から逃れて多くの住民が避難した諏訪神社の再建に向け、7日から資材の搬入が始まった。神社には道路がないため重機が入れず、計約20トンの木材などはすべて人力で運ぶ。最初の荷物の運び込みには、地元住民らに交じって力自慢の大相撲力士も参加した。

 同神社は双葉町と浪江町にまたがる両竹地区の標高約30メートルの高台にある。双葉町側は福島第1原発事故の避難指示が続くが、来年春の解除を目指している。震災時は44人の住民らが駆け込んだ。神社の本殿は揺れで倒壊。津波でずぶ濡れ…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです