メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重度身体障害者の介護サービス 大阪府独自の補助制度新設へ

大阪府庁=大阪市中央区大手前で2019年2月25日、芝村侑美撮影

 大阪府の吉村洋文知事は7日の定例記者会見で、現行法では公的補助が適用されない重度身体障害者の通勤や就労時の介護サービスについて、府独自の補助制度を来年度にも新設する方針を明らかにした。れいわ新選組の参院議員の登院時の費用を参院が負担することを念頭に、「国民には認められないが国会議員は認められたのは不公平。府として真正面から取り組む」と述べた。

 重度訪問介護サービスは、通勤や仕事中は対象外。7月の参院選で初当選した重度身体障害者の舩後(ふなご)靖彦氏と木村英子氏の介護サービス費用は、参院が当面負担することになったが、木村氏らは「特例扱いではなく、すべての障害者に就労や就学を権利として認め、社会参加できるようにすべきだ」としている。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです