メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

路線価 一極集中化進む東京都で6年連続上昇

34年連続で全国最高価格となった東京・銀座の「鳩居堂」前。外国人観光客の通行も多い=7月8日

東京の路線価が上がり続けている。来年の東京五輪をにらみ訪日外国人が増加しているのに加え、人口や企業の東京一極集中が続き、地価を押し上げているからだ。東京国税局が7月1日に発表した1月1日時点の東京都内の路線価は、前年比で平均4.9%上昇した。6年連続のプラスで上昇率も拡大している。

 路線価は、相続税や贈与税の算定基準となるものだ。47都道府県のうち都内の平均上昇率は、沖縄県(8.3%増)に次いで2番目に高かった。平均4.9%の上昇率は、全国の平均上昇率(1.3%)の3倍位以上だ。3大都市圏でも大阪(1.9%)、愛知(2.2%)を引き離している。都内の税務署管内ごとの最高路線価も、全48地点中46地点で上昇し、残りの青梅と日野両署管内も横ばいだった。

 上昇率が最も高かったのは浅草税務署で35%だった。隣接する足立、江東東の両署が20%前後で続いた。…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです