メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

国際協同組合デー 「ディーセント・ワーク」の実現

「ディーセント・ワーク」をテーマにしたパネル討論の様子=東京都中央区で7月9日

「働きがいのある人間らしい仕事」 東京で中央集会

 世界の協同組合の組合員が運動の発展と前進を誓い合う「国際協同組合デー」の中央集会が7月9日、東京・有楽町で開かれた。テーマは「ディーセント・ワーク」。「働きがいのある人間らしい仕事」の実現だ。

 国際協同組合デーは1922年、当時の国際協同組合同盟(ICA)の会長が中心となって呼びかけ、ドイツ・エッセン市での中央委員会で討議、了承された。毎年7月の第1土曜日を記念日に定めることが決まり、翌23年に国際協同組合デーが誕生。世界22力国の組合員らがこの日を祝った。以来、世界各国でさまざまな催しが行われている。また、1995年のICA設立100周年に際して、国連が同日を「協同組合の国際デー」と認定。各国政府、国際機関、協同組合組織などに向けてメッセージを発信している。

 ICAは、1895年にロンドンで設立された世界の協同組合の連合組織だ。農業や林業、漁業、消費者、エ…

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです