メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

製造業が天神に交流拠点 PRや新興企業と協業狙い

トヨタ自動車九州がオープンした「ギャラウェイ エフ」=福岡市中央区で2019年8月2日午後4時30分、久野洋撮影

 九州の製造業が、福岡市の繁華街・天神地区に交流拠点を相次いで開設している。PRの強化や、さまざまなアイデアや技術を持つスタートアップ企業と接することで、新しいビジネス作りにもつなげたい考えだ。【久野洋】

 トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)は6月、天神の商業施設「イムズ」地下1階に、コワーキングスペース(共同利用の仕事場)「Garraway F(ギャラウェイ・エフ)」をオープンした。運営はシェアオフィス事業を手がけるゼロテンパーク(福岡市)に委託。約200平方メートルの室内には約50席のラウンジがあり、1時間500円(1日1500円)で利用できる。

 トヨタ九州の次世代事業室の担当者らも常駐しており、同社と協業できそうなアイデアも募集している。次世…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文741文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです