メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サワコの朝

素敵な瞬間を撮る!蜷川実花ワールドの人気の秘訣

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、8月10日午前7時半~8時のゲストは、独自の色彩感覚で世界中から注目を集める写真家の蜷川実花さん。 2007年には映画「さくらん」で監督デビューを果たし、華やかな世界観が広がる映像作品で人々を魅了。現在公開中の映画「Diner ダイナー」や9月公開予定の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」も大きな話題になっている。

     一方で、重要文化財である道後温泉とコラボしたことでも知られる蜷川さん。前年に比べ観光客が約3万人も増加したとされる“蜷川実花ワールド炸裂”の道後温泉を、写真とともに紹介する。そんな蜷川さんの作品は、“素敵”と思った瞬間を撮ることで生まれているという。時には気分が乗らないこともあると話すと「20年以上プロでやっているから、商品になるレベルには仕上げる」としたうえで、乗ってない時の作品は「並べたらバレるかも(笑)」と明かし、笑いを起こした。

     また、3年前に亡くなった父・蜷川幸雄さんとの知られざる関係を告白。「いつでも、どこでも男を捨てられる女であれ」など、父の思想を常に語られながら育ったという蜷川さんは、「日本の中のガラパゴスで育った」と幼少期を回顧。普通じゃない(!?)幼少期の話をはじめ、白黒作品を撮っていた時のエピソードや3年間務める雑誌「AERA」の表紙撮影での話を披露。爆発的に売れたという羽生結弦選手の撮影秘話を明かしてくれた。

     最後には、クリエイティブを志す若者たちへのメッセージもお届する。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

    2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

    3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

    4. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

    5. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです