メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

会いたい・2019年夏 力道山 五輪で南北統一チーム期待か

プロレス・アジア選手権でキング・コング(中)に空手チョップを浴びせる力道山(右)=東京都台東区の蔵前国技館で1955年11月22日

力道山 プロレスラー(1963年12月15日死去、享年39)

 その日、力道山の夫人、田中敬子さん(78)は国立競技場にいた。1964年10月10日、東京五輪の開会式である。座席は聖火台へと続く階段の近く。快晴の空に自衛隊機が描く大きな五輪のマークが目に焼き付いている。どよめく競技場、アジアで初めて開かれる世紀の祭典に元日航国際線の客室乗務員だった彼女の心も高鳴ったが、寂しさはどうしようもなかった。「一緒に招待されているはずの主人がいませんでしたから……。余韻に浸ることもなく、赤ん坊の待つ自宅にすぐ帰りました」

 2回目の東京五輪まで1年に迫ったとのニュースにせき立てられながら、私は力道山のことが気になっていた…

この記事は有料記事です。

残り2816文字(全文3123文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです