メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

書店の新しいビジネスモデル 文化や地域の拠点化へ動く 有隣堂、北海道TSUTAYAの取り組み

窓の外の自然を楽しみながら本を選べる「江別 蔦屋書店」=北海道江別市で2019年7月19日、山口敦雄撮影

 書店が減少するなか、本や雑誌を売るだけではなくカフェや文具、レストランなどを併設した新しい書店のビジネスモデルを作ろうとする動きが活発化している。書店を中心に複合店化を進める有隣堂(横浜市)、地域に根づいた書店作りを目指す北海道TSUTAYA(札幌市)など大型店の取り組みを中心に取材した。

    ■  ■

 「出版業界の市場縮小と構造変化が止まらない。何か成功モデルを育てたい。書店を再定義しなければならな…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです