メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

山田修也書展 アートとしての魅力発信

 山田修也書展「還暦の愚かもの」(9~12日、新潟県民会館)は新世代の書人の明快な主張に基づいた、強い創作意欲に驚かされるのではないか。

 山田修也さんは1959年、新潟市生まれ。石橋犀水に師事。伊豆、東京、京都、秋田などで個展を開催し、さまざまな海外展に出品するなど意欲的な活動を続けてきた。佑育書道会を創設。毎日書道展審査会員。一瀾書道会副理事長。

 今回展の狙いは「加工紙に、油煙、松煙の古墨を独自の配合により、墨溜(だ)まりや穂先の軌跡を強調しつ…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです