メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚歌劇

雪組公演 ひと味違うヒーロー像=評・小玉祥子

 最初が「壬生義士伝」。浅田次郎の映画化もされた同名小説を原作に石田昌也が脚本・演出を担当。

 幕末の南部藩の下級武士、吉村貫一郎(望海風斗)は、貧しさゆえに脱藩して京都の新選組に入り、国に残した妻子に仕送りを続ける。

 貫一郎は幕末から明治維新の動乱の世を、ひたすら家族のために生きようとした素朴で心優しく、それでいて筋の通った、後には新選組の「良心」と呼ばれるような隊士に造形されている。

 貫一郎は剣の達人ではあるが、藩内に生かせる場はなく、新選組に活路を求めた。控えめで穏やかな風情から一転して立ち回りや切腹の介錯では腕のさえを示す。その大きな変化がおもしろく、最後の姿まで、格好良さを追求する常の宝塚のヒーロー像とは一味違う男性を演技巧者の望海が的確に描きだした。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  5. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです