メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚歌劇

雪組公演 ひと味違うヒーロー像=評・小玉祥子

 最初が「壬生義士伝」。浅田次郎の映画化もされた同名小説を原作に石田昌也が脚本・演出を担当。

 幕末の南部藩の下級武士、吉村貫一郎(望海風斗)は、貧しさゆえに脱藩して京都の新選組に入り、国に残した妻子に仕送りを続ける。

 貫一郎は幕末から明治維新の動乱の世を、ひたすら家族のために生きようとした素朴で心優しく、それでいて筋の通った、後には新選組の「良心」と呼ばれるような隊士に造形されている。

 貫一郎は剣の達人ではあるが、藩内に生かせる場はなく、新選組に活路を求めた。控えめで穏やかな風情から…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです