メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駒田一

夢ぎらぎら、生きる実感 「ラ・マンチャの男」でサンチョ役

ミュージカル「ラ・マンチャの男」に出演する駒田一=大阪市北区で、小松雄介撮影

 セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」を原作とした人気ミュージカル「ラ・マンチャの男」が日本初演から50年を迎えた。“見果てぬ夢”を追い続けた男ドン・キホーテの物語。従者サンチョを2009年から演じる駒田一は「どう生きるかを考えさせてくれる作品」と魅力を語る。

 1969年の日本初演から、歌舞伎俳優の松本白鸚(当時は市川染五郎)がライフワークとして取り組んできたことでも知られる。駒田は95年にラバ追い役で初出演。床屋役を経て、09年にサンチョに抜てきされた。

 「人生において、妥協することは誰にでもあると思いますが、その時に『もう一度戦おう』『前に進もう』と…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです