メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海の博物館

生き物、毛糸で表現 ダイオウイカなど100点 海の中に迷い込んだよう 鳥羽 /三重

 鳥羽市浦村町の市立海の博物館で、ダイオウイカなど海の生きものをカラフルな毛糸で編んだ企画展「鳥羽の編んだ~SEAわーるど」が始まった。天井にも作品が展示され、「海の中に迷い込んだよう」と入館者を驚かせている。

 開いたのは、風変わりな編み物作品「へんなあみもの」を作り続けている「編み師 203gow(ごう)」さん。会場には約8メートルのダイオウイカのほか、クラゲやサンゴ、想像上の深海魚、白い磯着を着た海女など約100点を展示。タコ…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  5. 手術7分「まるで重症患者…」 死亡男児の父の思いは 東京女子医大事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです