メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

紫香楽宮の歴史を紹介 国宝など80点 甲賀・ミホミュージアム /滋賀

10世紀の作とされる金勝寺(滋賀県栗東市)の木造毘沙門天立像=滋賀県甲賀市信楽町田代のミホミュージアムで、礒野健一撮影

 聖武天皇によって造営された紫香楽宮(しがらきのみや)と、その周辺の甲賀地域で花開いた豊かな宗教文化を紹介する特別展「紫香楽宮と甲賀の神仏」が、ミホミュージアム(甲賀市信楽町田代)で開かれている。国宝1点、重要文化財13点を含む約80点が並ぶ。9月1日まで。

 紫香楽宮は8世紀半ばに造営され、同地にあった古代寺院「甲賀寺」で大仏造立の発願も行われた。しかし、地震や火災が相次いだことで、紫香楽宮は数年で放棄され、長く「幻の都」とされていたが、近年の発掘調査で100メートル超の巨大建物跡や多数の木簡が出土し、その実体が明らかになりつつある。館内には、紫香楽宮跡とされる、いずれも甲賀市信楽町の…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです