メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災・西日本豪雨

被災地児童ら共に学ぶ 宮城、岡山から神戸訪れ /兵庫

震災で亡くなった人の名前が刻まれた銘板に手を合わせる児童ら=神戸市中央区の東遊園地で、峰本浩二撮影

 東日本大震災(2011年)と西日本豪雨(18年)の被災地の小学生らが7日、神戸市内を訪れ、防災について学び、神戸の児童らと交流を深めた。この日は中央区の東遊園地などを訪れ、阪神大震災(1995年)の犠牲者らを追悼した。一行は9日まで滞在する。

 神戸を訪れたのは宮城県塩釜市の児童25人と岡山県倉敷市真備町の児童3人。NPO法人日本福祉美容協会の「未来の宝 夢と希望と絆の架け橋プロジェクト」の一環で、8回目の今年は「防災・減災…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無資格の施設長が医療行為の胃ろう処置 神戸の特養老人ホーム 人手不足で

  2. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  5. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです